2005年12月

日本ロレックス 東京サービスセンター

KIF_0599.jpg
KIF_0722.jpg
12月某日に日ロレに伺いました。当日は年末と言う事もあり、結構混んでいて黄色い椅子も満杯状態です。
カウンターの女性も接客で疲れた様子でしたが優しく接して下さいました。
緑の時計ケースはいただきましたが、これは使えますね
時計を予備で持つにはぴったりです。
現在日ロレの前は東京ミレナリオで綺麗なんだろうな。

純正工具

DSC00414.jpg
パネライを購入するとストラップ交換が楽しみになります。
ケースサイズ44mmだと替えストラップや純正ドライバーが付いてくるみたいですが、私は40mmでしたので純正工具は付いていませんでした。
某HPで正規店にて純正ドライバーが無料で手に入る事を知ってから、近所や都内の店舗を巡り純正ドライバーを手に入れる事が出来ました。
一応ドライバーは無料でいただきましたが、ストラップを購入したりして気持ちの負担を軽くしました。
純正はネジ山にフィットするので安心して使用できます。

日本ロレックス カタログ

DSC00417.jpg
DSC00418.jpg
DSC00421.jpg
DSC00422.jpg
エクスプローラーUの日付変更の不具合で日ロレに時計を預けに行った際に、ROLEXカタログを入手しました。受付でカタログをお願いすると103ページのカタログ&価格表をいただきました。
カタログには「OYSTER PERPETUAL」と立体的に浮き出ている文字が目立ちます。
中身は日本語で書かれており、代表モデルの単体写真とラインナップがほとんどです。注目すべきは前回バーゼルで発表された116718LNがカタログに掲載されているのと、価格表で252万円(税込)が掲載されている事です。
116718LNは発売寸前みたいですね。

ムーンウオッチ

APOLO.jpg
3573.50.jpg
私は手巻きの時計を持っていません。
しかし、候補としてはオメガのスピードマスタープロかパネライの手巻きが欲しいと思っています。
オメガのスピードマスターは過去にオートマチックとオートマチックデイトを使用した事が有りますが、いずれも友人に譲ってしまい現在はシーマスタークロノ1本のみです。
基本的に時計を洗うため防水性能が高いモデルが好みですが、たまたまアポロ11号の月面着陸に関する真偽をネットで調べていたらウズウズし始めました。
スピードマスターで欲しいモデルは、3573.50のサファイアクリスタルを風防とバックスケルトンに採用したモデルです。
スピードマスターは熱狂的なファンが多く、手巻きですが耐久性が高いので長期的に使えるモデルと思います。
出来れば誰かからプレゼントされると嬉しいのですが・・・
今マジ欲しいッス!

オーバーホール保留

DSC00413.jpg
DSC00412.jpg
10月に地元の時計屋さんにオーバーホールの見積りを依頼しましたが、なかなか回答が来ないため私から催促したところ4万以上の回答が来ました。
3針タイプで4万以上の理由を聞いたところ、国際保証書(もちろん保証期限は切れています)に日付が入っていないためパーツ代が割高になるそうです。
また、その時計屋さんはHPを開設しORISでは結構安くオーーバーホールしてくれるみたいでしたので少々ショックでした。
4万円以上だと日ロレの3針タイプのオーバーホール金額よりも高いです。とりあえずオーバーホールは中止して時計を返してもらいましたが、このまま長期ストック状態になる可能性が有ります。
以前嫁さんにプレゼントして貰った時計ですので捨てる事は出来ないんです。
でも、嫁さんはプレゼントした事は忘れていました。困った
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ