2006年09月

デイトナ&クロノタイム

DSC00193.jpg
DSC00177.jpg
116520と79180を同アングルで並べてみました。
年式の違いは有りますが、116520は洗練されたデザインで79180は無骨に感じます。
最初79180を購入した頃は、ROLEXは16234しか持っていないので毎日日替わりで使っていました。(何時かはデイトナと・・・)
機械式時計の中で、2番目に長く付き合っている時計が79180ですから結構愛着も有りますので簡単には手放さないと思っています。
現行クロノタイムも質感が向上していますので、デイトナユーザー(目指している方も)なら1本いかがですか?

クロノメーター

DSC01114.jpg
ROLEXと言えば機械式時計で一番多くのクロノメーターを取得しているメーカーです。
基本的に同じムーブメントを使用しても高級モデルにはクロノメーターを通し、廉価モデルは対象外にしている事が多いみたいです。(プリンスとかは別格?)
ROLEXは文字盤に自社のセールスポイントをアピールするので、クロノメーター表記のモデルが普通に感じてしまうほどです。
ブライトリングだと全モデルをクロノメーター規格を通したり、SEIKOだと自社のGS規格と作ったりと各社精度を高める努力をしていますが、精度の高い機械式時計のムーブメントが安く大量生産出来る時代なので今となっては時代遅れの勲章にも感じてしまいます。
でも、世界で一番機械式時計の精度に厳しいのは、日本人時計に対するクォーツ並の精度の感覚かも知れませんが・・・

目立ってます

DSC01071.jpg
現在オンオフで使っていますが、イエローのインナーベゼルが目立つらしく「どこの時計ですか?」と良く聞かれます。
インターと答えても分る人は少なく、ロレックスと比べると格段に知名度の低さを感じます。(わざとIWCとは答えません)
私のアクアタイマーはチタンモデルですが、ステンレスのアクアタイマーはインナーベゼルが白いのでオンタイムや渋く使うにはステンレスの方が良いかも知れませんね。
旧アクアタイマーは余り興味が無かったですが、現行モデルはチタン・ステンレス・クストーと全て欲しくて辛いです・・・落ち込み2

トリプロック

DSC01092.jpg
現在ロレックスの竜頭で最も高い防水性を誇るトリプロック竜頭は、ダイバーズ系とスポーツモデルの高級ラインに使われています。
竜頭の王冠マーク下にある3つのドットが防水性能の高さを表します。(竜頭の内側に2つのパッキンとチューブ内部に1つ装備されています)
また竜頭が大きい為操作性も高く、スポーツモデル全てに標準装備しても良いのではと感じます。
実際トリプロックに慣れると普通の竜頭が小さくて指でつまむのも不便を感じますね
116718LNでトリプロックを採用するので、これからはドンドンスポーツモデルに普及して欲しいです。

スケルトンお持ちですか。

DSC01201.jpg
DSC01218.jpg
現在裏スケルトンモデルを3本所有していますが、スピスマプロのスケルトンが結構お好みです。
他の2本はパネライで美しく装飾されてはいますが、テンプ周りの動きしか見えないので、各パーツの動きが見易いレマニアのCal.1861が良い感じなんです。
高価な時計で高級素材を使ったムーブも美しいですが、Cal.1861って質素な割りに見ていて飽きません。キラキラ星1
ただ、スケルトンだと少々耐磁性能が低くなるのが心配ですが・・・(腕に着けていてば大丈夫かな?)
スピスマプロはオリジナルに拘る方が居る位素晴らしいクロノグラフですが、プラ風防に拘らない方は3573.50で手巻き&スケルトンデビューいかがですか。
価格もお手頃だし、薀蓄だけは宇宙レベルですよグッド
ちなみに、下の映像はれくおさんのプロです。(使い込んで渋いっスピース
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ