2006年11月

G-SHOCK並

DSC01149.jpg
DSC01153.jpg
インヂュニアを見る度に、何でこんなに厳つい時計なんだろうと感じます。
昨年東武のウォッチフェアで、チタンのAMGモデルやクロノグラフを試着して一番物欲を醸し出したのがSSの3針でした。
でも大きさが本当にG-SHOCK並で、重さは数倍?ですから慣れるまでに多少ぶつけるハズです。
映像では分りませんが、ベゼルを何度もぶつけています。ただベゼル&ケースが非常に丈夫なので目立つ程の傷が無いのです。
これもG-SHOCK並ですかね?

BALL

img10611422170.jpg
数年前から時計雑誌を中心にボール・ウォッチの広告を頻繁に見ます。
アメリカの鉄道時計の歴史から現在の過酷な状況下でも正確な時を刻むと言う触込みで、極限かの環境へのチャレンジをサポートしています。
装備を眺めていると、防水性能、耐衝撃性能、耐磁性能、マイクロガスライト・・・と最近の時計の人気機構が満載です。
価格も並行品で20万円アンダーから有りますが、一度も着けている方と遭遇した事が有りません。
正直言って余り馴染みの無いメーカーですが、使ってみると結構便利なのかなぁ

風防

DSC00878.jpg
某時計店のHPでROLEXの風防についての仮説が出ていました。
サファイアクリスタルはダイヤモンドに次ぐ硬度があるため、ベゼルから一段出っ張りぶつけたり擦ったりした時にケースやベゼルを守ってくれるとの事です。
高級素材を使用したケースやベゼルを直接ぶつけるよりも、比較的安価なサファイアクリスタル風防をバンパー代わり?にして傷を防ぐ事に貢献しているそうです。
本当にROLEX社が傷対策で風防を出っ張らせたかは不明ですが、言われてみると確かに独特の出っ張りがあり、本当に傷防止に効果が有ると思います。
ROLEXが永く使える理由って、こう言う細かいアイディアに有るんでしょうね
ただし、プラ風防だと逆に大変かも知れません。

浜田省吾

B000059.jpg
私の大好きな日本のシンガーの代表が浜田省吾です。多分同じ世代の方なら熱烈なファンの方も多いと思いますが、実際にコンサートに行った事も無くレコード時代から曲を聴いて楽しむ日々が現在も続いています。
嫁さんも浜田省吾が好きなため、夜のドライブで曲を流すとついつい長距離ドライブになっていします。
カラオケに行っても最新の曲には疎い為、懐メロの域に入った「J・BOY」から始まり何時の間にか浜田省吾メドレーになってしまいます。
でも、会社の若い社員は浜田省吾を知らないんです・・・、そして「オッサン何熱くなってんだ!?」って感じで見られています。落ち込み2
一度はコンサートで熱い浜田省吾を感じてみたいです。音符

日差調整

DSC01041.jpg
今年1月に日差約10秒の16622を日ロレに持ち込み2月に戻ってきましたが、そのまま冬眠状態の時間が多いです。
適当に間を空けながら使っていましたが、せっかく調整した後の日差を測っていませんでした。
この度一週間単位で計って見たところ一週間の誤差は+8秒です。1日で考えると1秒少々ですので一気に精度が上がりました。
日ロレだとCal.3135は毎日沢山扱っているので、日差調整は本当に得意なんでしょうね。
クロノメーター規格は日差4+6ですので、僅かな誤差で調整をお願いするのは申し訳け有りませんが、保証期間内で著しく誤差が発生している場合は一度相談をお勧めします。
以前16234の日差が+30秒位有った時は、帯磁でしたが保証期間でしたので無償対応してくれました。
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ