2007年09月

特製シウマイ

dsc00752.jpg
地元横浜の名物の一つに崎陽軒のシウマイが有る。
普段は余り気にしていなかったが、TVの美味紳助で島田紳助氏が有名デパ地下で崎陽軒の特製シウマイを買い占めるシーンが有り、一度食べてみたいと思っていた。
実は崎陽軒本店は横浜駅の近くに有り、横浜クォークから徒歩1~2分の好立地なんです。
良く友人に贈り物をする際に崎陽軒を利用したり、1階にラウンジが有るので嫁さんとお茶をしに行く機会も有るんです。
特製シウマイは1箱1,300円ですが、普通のシウマイに比べると歯応えも良く、オホーツクのホタテ貝柱等の旨みを感じる事が出来ますので、普通のシウマイとは違う事を感じられるでしょう。
しかし電子レンジ使用だと固くなったり、風味が落ちるとの説明書きがあったため、久々の蒸し器を床下収納から出して再加熱しました。汗
横浜土産に困ったら一度お試し下さい。
※私は崎陽軒の関係者ではございません。

頂きました。

dsc00558.jpg
dsc00563.jpg
先週開催されたMWBCのプレゼント交換会(本当はビンゴ大会予定でしたが・・・)で、時計本・時計ケース・ウォッチナイフ・バネ棒外しをゲットしました。
時計本(Time Works)は創刊号と言う事で、デイトナ以上のプレ値が期待できるそうです。笑い
時計ケースは現在トレイに放置されているスピマスプロの安住の地になりました。OK
ウォッチナイフとバネ棒は何時かベゼルとブレスの着脱に使う事になるでしょう。
今回は結局ジャンケン大会&アミダくじ大会でプレゼントが交換されましたが、実用的な物が多く非常に盛り上がりました。
出来れば持参時計の闇鍋交換会が有ればもっと盛り上がった気がしますが・・・

kawasaki × G-SHOCK

g7710krt-3-1.jpg
g7710krt-3-2.jpg
g7710krt-3-3.jpg
kawasakiファンにはライムグリーンのG-SHOCKは気になる存在では無いでしょうか。
現在G-SHOCKはMoto GP Kawasaki Racing Teamのスポンサーをしている関係で、
カワサキレーシングチームのロゴをあしらった、カワサキオリジナルを2007年海外専売限定モデルとして発売しています。
過去にもkawasakiの限定モデルを発売していますが、やはりこのカラーが堪りません。
価格も14,700円(税込)なのでライムグリーンファンは急ぎましょう!


☆主な機能
・耐衝撃構造
・20気圧防水機能
・ワールドタイム:世界48都市(28タイムゾーン)の時刻表示、3都市同時時刻表示、サマータイム設定機能付き
・ストップウオッチ(1/1000秒、10時間計、積算/ラップ表示切替付き、1位~100位同時計測、オートスタート)、ラップメモリー100本を2レース分メモリー、スタート日時/ベストラップ表示)
・タイマー2本(セット単位:1秒、最大セット:99時間59分59秒、1秒単位で計測、インターバル計測用のタイマーはオートリピート付き)
・マルチアラーム5本(1本のみスヌーズ機能付き、設定:Daily/Once/Week End/Week Day)
・時報(設定:Daily/Week End/Week Day)
・電池寿命約5年
・フルオートカレンダー
・基本時計での表示切替:週番号/年表示、週番号/経過日数-残日数表示、デュアルタイム表示
・12/24時間制表示切替
・操作音ON/OFF切替機能
・ELバックライト(オートライト機能、残照機能付き)
・報音フラッシュ機能(アラーム/時報、タイマー予告/タイムアップ、ストップウオッチオートスタート、報音連動発光)
防水性能 : 20気圧(200m)防水
サイズ : 52.3×45.9×14.6mm(H×W×D)
重量 : 56g
付属品 ・カワサキ限定モデルオリジナルボックス・日本語取扱説明書付(コピー)・1年間保証

裏が寂しい

dsc01634.jpg
ロレックスを含め多くの人気ブランドウォッチは昔から贋物との戦いを日々送っています。
ロレックスだと以前は裏蓋のホログラムシール、風防への王冠透かし、インナーベゼル(インナーリング?)への刻印等で対応していますが、時計の裏側にも何か対応して欲しいと思っていました。
裏蓋だと何時か交換可能なので、やはりケースの一部にロレックスらしい細工が有っても良いなぁ~と感じます。(裏蓋&ケース裏側が寂しいので・・・)
ところで新型ミルガウスは裏蓋に刻印が入っているとの事ですが、今後のNEWモデルにも是非にと期待してしまいますね。
プリンス以外はスケルトンも無いし、もう少し時計の裏側にも手を加えて欲しいと思うのは私だけ!?

ニコラスG.ハイエックセンター

dsc00743.jpg
dsc00737.jpg
dsc00738.jpg
スウォッチ グループ ジャパンの世界初のウォッチ・ランドマーク「ニコラスG.ハイエックセンター」が銀座にオープンして早数ヶ月・・・
月初にいただいた無料診断の事もあり、昨年OHしたシーマスター持参で訪問して来ました。
訪問日が平日と言う事もあり全く混雑はしておらず、無料診断も数分で終了したのでそそくさと退去しましたが、余り楽しめる場所でな無いですね。
ただ少々驚いたのが1階に時計を飾っているブースが有るのですが、そのブースごとエレベーターだったのが意外でした。
無料診断後に外装の研磨の件を聞いたところ、軽い研磨はOHで行うようになったとの回答をいただきました。
しかしOH基本料金の金額も更に値上がりして、日ロレでデイトナをOHするよりも高い金額が提示されました。困った
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ