2008年02月

既にレトロ感・・・

dsc01559.jpg
昨年新型モデルが出たお陰で、16710も旧モデルとなり不思議とレトロ感を感じます。
ただ単純に古いって事ではなく、私にとってのGMTⅡが16710だったと言う事を再認識したって事でしょう。
新型と比べるといろんな意味で違いますが、使い込む程に愛着が増す不思議な工業製品です。
ちなみに最近1675(赤青)を着けた方に遭遇しましたが、ベゼルカラーが完全に褐色化していて無茶苦茶渋かった~
長期に渡り愛用し続けた結果か、渋いUSEDを購入したか不明ですが、自分で使い込んでレトロ感を出したいです。ラブ

申告

ca370003.jpg
昨日久々に税務署に行って来ました。
サラリーマンの私には確定申告は余り縁が有りませんが、昨年医療費が10万円を越したので医療費控除を行うために平日の休みを利用して訪問したのです。
今までは住宅取得控除で行った位しか無かったので、なかなか要領がつかめず職員の方のアドバイスで無事申告を受け付けていただく事になりました。
数年前に行った時はアドバイス無しでPC入力も簡単でしたが、何時の間にか難しくなっていたんですね~
天気が悪ければ車で行こうと思っていましたが、幸いバイクで訪問出来たので一時間少々で全て終わりました。
今回の還付金予定は3万円少々ですが、来月のDJのオーバーホール代金に充当しようと思っています。
どうせ税務署に行くなら高額納税者として行きたいですね~にっこり

dsc00418.jpg
同じジャンルのモデルでも、これだけ違うモデルが普通に売られているって不思議です。
冒険に必要な機能を考えれば16570なんでしょうが、114270も不思議な魅力が有るので本当に難しいところですね。
昨年発売されたヨットマスターⅡもヨットマスターとは違った機能を備えた別のモデルとしてデビューしたので、これからは同じジャンルでも「」が発表される可能性が有ります。
例えばデイトナ?やシード?とか・・・ラブ

サブに還る

dsc00711.jpg
ロレックス以外の時計にも非常に興味が有り、他社ブランドのダイバーズモデルを幾つも試しましたが、やはりサブマリーナは素晴らしいモデルと感じます。
サブが実用性を追求したダイバーズの究極だとすると、他社はデザインに個性を持たせたり特殊機能で差別化を図っています。
必要な機能を突き詰めたらサブに似たデザインになるのも分かる気がしますが、黒文字盤・黒い回転ベゼル・サイクロップレンズだけでサブデイトって感じがするんですよね。
だからこそ他のダイバーズを試しても、シンプルなデザインのサブに憧れるんでしょう。笑顔

リコール?

dsc00717.jpg
dsc00716.jpg
昨年購入したシチズンのジェットセッターですが、価格.comのクチコミ掲示板でソフトウェア書替えの必要性が有ると知りました。
早速シチズンのHPで対象商品が確認したところ、こう言うときに限ってビンゴです。悲しい
まぁ、昨年電波の受信感度が悪いとサービスに相談した際に送ってチェックしてもらう予定だったので、良い機会と思いHPから受付を行いました。
それから2日後に時計を送付するための、箱と案内がシチズンから届き着払いの宅急便の袋に入れて送る事にしたのです。
ちなみに保証書はお客様保管のままでOKとの事・・・・ロレックスだと明らかにNEWモデルで保証期間でも保証書を提示しないと対応してくれないので、少々好印象を得ました。
シチズンは今回のリコールに対しても対応が良かったですが、機械式時計だと初期不良でも分からず使い続ける可能性が有るのが不安です。
OHも民間業者に出されたら、初期不良の爆弾を抱えたままの使用になるわけだし・・・
一度は正規メンテナンスに出した方が安心ですね。
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ