img10611422170.jpg
数年前から時計雑誌を中心にボール・ウォッチの広告を頻繁に見ます。
アメリカの鉄道時計の歴史から現在の過酷な状況下でも正確な時を刻むと言う触込みで、極限かの環境へのチャレンジをサポートしています。
装備を眺めていると、防水性能、耐衝撃性能、耐磁性能、マイクロガスライト・・・と最近の時計の人気機構が満載です。
価格も並行品で20万円アンダーから有りますが、一度も着けている方と遭遇した事が有りません。
正直言って余り馴染みの無いメーカーですが、使ってみると結構便利なのかなぁ